STREAM(ストリーム)に口座を開設する前にチェックしておきたいポイントとは?


アカウント開設はこちらから

スマートプラスに口座を開設する前にチェックしておきたいポイント

同社のサービスを試すため私も口座を開設しました。その前に確認しておきたいことがあるからこそ調べてみました。口座開設は特定口座を利用することが可能となっています。源泉徴収ありと源泉徴収なしを選択でき、年間取引報告書も発行できるようです。

一般口座の取扱いはないそうですのでお気をつけください。確定申告などが手間は掛かると感じる方は「特定口座源泉徴収あり」を選択しておけば原則的に確定申告の必要はないのです。

源泉徴収あり 源泉徴収なし
源泉徴収 お取引ごとに税制に基づき源泉徴収されます。 源泉徴収されません。
確定申告 ・原則、確定申告は不要です
・当社で税制に基づき損益通算したうえで納税します。なお、他の金融商品取引業者の取引と損益を通算したり、税金の還付を受けようとする場合等は確定申告することができます。
・確定申告を行ってください。
・当社が発行する「年間取引報告書」を用いることで簡易に申告、納税ができます。
損益通算への反映 ・譲渡損と配当金の損益通算を行う場合は、配当金受取方式を「株式数比例配分方式」を選択してください。
・年間の譲渡損を翌年以降の繰越控除としたい場合は、当社が発行する「年間取引報告書」を使用してください。
・源泉徴収が行われないため、確定申告の時に損益通算を行ってください。

オンライン即時入金サービスを使用して入金手数料を無料化可能である

オンライン即時入金サービスについて検証してみました。株式手数料が無料なのに即時入金がないのであれば全く残念だと思いましたが、入念に整備されています。ゆうちょ銀行や三井住友銀行、三菱UFJ銀行なども存在します。ジャパンネットや楽天銀行など大手ネットバンクもあり入金事情は優れているようです。

ネット送金ができない方は専用口座が充実しているので振り込み代金をあなた自身で支払い入金することになります。このような時は振り込み窓口で定められている振込手数料が必須条件です。

オンライン入金を用いることで口座にリアルタイム反映されるため投資チャンスを逃がしません。また出金についても手数料無料で登録口座に出金されます。

口座開設手順とストリームアプリを使うまでの流れ

口座開設を行う手順を説明したいと思います。STREAM(ストリーム)株アプリを使わないといけないため、一番初めは公式サイトからアカウント開設をしなければなりません。登録にはマイナンバーや本人確認書類が必要になるため画像を用意しておくと遅滞なく開設できそうです。

口座開設ができると気になるのが資金の管理方法です。証券会社となっているためこのへんもしっかり対応し預け入れ資金は分別管理されます。公式サイトには「有価証券の分別管理」「金銭の分別管理」「投資者保護基金」とあり、預け入れ資金は二重のセーフティネットを利用しているとあります。

この他、不明なことがあればカスタマーサポートサービスがあり電話で問い合わせることが出来るのです。セキュリティーでは金融情報システムセンター(FISC)と金融ISACに加入しているのだそうです。