株式手数料が無料の株アプリ、STREAM(ストリーム)の特徴・口コミまとめ。


アカウント開設はこちらから

STREAM(ストリーム)とは?

フィンテックによって、株式取引手数料が無料に近づいていますが、株アプリ「STREAM(ストリーム)」はその代表的なサービスです。

STREMは、これまでになかった新しい仕組みを使い、株式取引手数料を0円にしています。

STREAMの登場によって、取引コストを削減できれば、その分はすべて利益となります。

株アプリのSTREAM(ストリーム)は、スマートプラスが開発・運営を行っています。

ストリームの仕組みについて

ストリームを利用する最大のメリットは「株式取引手数料が無料」という点です。

ストリームが「手数料の無料化」をなぜ実現できたのかというと、ストリームは「立会外取引」「SOR」を上手く使った仕組みを構築しているからです。こちらの仕組みを、ストリームでは「スマート取引」と呼んでいます。

株式を購入できる場所は「東証(東京証券取引所)」だけではありません。

その他、PTS市場や立会外取引のような「市場外取引」が存在します。市場外取引での売買価格には「東証との取引価格のズレ」が生じています。

ストリームは東証・立会外取引などの複数の取引方法から最も有利な価格を付けている場所に注文を出してくれます。そして、東証よりも有利な価格で約定した場合に限り、その半分の手数料を徴収するというビジネスモデルで成り立っています。

STREAM(ストリーム)の特徴

スマートフォンで手軽に買える

ストリームは、スマホ取引に最適化されたアプリを提供しています。

はじめて株式取引をする方でも、スマホでサクサク売買できるように設計されています。

従来型の株式手数料が、 いつでも何回でも無料

従来型株式手数料が、いつでも何回でも無料なのは STREAMだけです。

条件付きでの無料ではなく、無制限に無料です。

SMART取引で、さらにおトクに!

STREAMでは、ダークプールを利用した取引『SMART取引』を採用しています。ダークプールでは取引所よりも有利な価格で取引が成立する場合があり、その時に有利となった差額の半分を手数料としてかかります。

東証立会外取引(ダークプール)とは?

お客様から受けた株式注文を東京証券取引所(東証)に発注せずに、他の株式注文と付け合わせることで取引を成立させる方法です。東証立会外取引には、大口の注文をスムーズに執行したい機関投資家が多く参加しており、東証取引と比べて約定単価や約定率の点で有利となることが期待できます。

STREAMなら、信用金利もトップレベル

ソーシャルステータスのクラス SS S A B C D
買方金利 1.89% 2.29% 2.79% 2.99% 3.29% 3.49%
売方金利 0.00% 0.00% 0.00% 0.00% 0.00% 0.00%
貸株料 1.15% 1.15% 1.15% 1.15% 1.15% 1.15%
※クラスの変動は、他のユーザーとの取得ポイント優劣により決まります。
他のユーザーがより多くのポイントを得ることによりクラスが降格することがあります。またその場合、信用金利が割高になることがありますのでご注意ください。

STREAM(ストリーム)口コミ・評判

評価:★★★★★

以前は〇〇証券で取引きをしていましたが、手数料無料のアプリがあると聞いてこのストリームに乗り換えました。取引のスタイルにもよりますが、年間で考えるとかなりの額が削減できるので、このアプリに切り替えてからはかなり得した気分です。

評価:★★★★★

他のユーザーのおかげで良い銘柄を見つけることができました。自分で調べた知識でしか株をやったことがなかった私にとっては凄く新鮮な経験でした。

評価:★★★★★

アプリの株取引で今一番あつい取引所なんじゃないだろうか。サービス面、セキュリティ面はもちろんのこと、ここ以上に操作性のいい取引所を私は知らないです(`・ω・´)

評価:★★★★★

長期投資はもちろん、デイトレーダー、短期売買するにあたって、売買手数料はかなり大きなコストになっていたのですが、ストリームにしてからコスト削減になってとても助かってます。

引用:GooglePlay

 

アカウント開設はこちらから