貸付ファンドに投資できるFunds(ファンズ)とは?評判・口コミは良い?


アカウント開設はこちらから

Funds(ファンズ)

Funds(ファンズ)の評判や口コミ

Funds(ファンズ)の評判や口コミを見ていきましょう。


クラウドポートが比較サイトと、ソーシャルレンディングを平行して運営するという事は、公平性という面で問題が出ることが想定されます。

比較サイトを譲渡することで「中立性」がキープでき、投資家にとりましても安心材料になると思います。

Funds(ファンズ)は不正が生じにくいシステムになっているので、そういう意味からも期待している方は多いと思います。

既にあるソーシャルレンディングは利回りが高い分、マイナスはすべて投資家が負担します。

それに対しFunds(ファンズ)はファンド組成企業がなにより損失を負担し、それでも損失が残る場合は投資家が負担することに。

これだけ見れば、他の事業者と比べてリスクを軽減できます。

ファンド募集前にも関わらず、多くの方が登録・口座開設を済ませています。

Funds(ファンズ)の初期ファンドはすぐに満額申し込みに

Funds(ファンズ)では2019年7月時点でファンド組成企業が7社になり、募集ファンドもだんだんと増加傾向にあります。

しかし、それどころか人気が高すぎるせいなのか、応募できずに投資がそう簡単にはできないという方も多くいます。

入金自体は投資申し込み前でも後でもOKなので、Funds(ファンズ)の登録は今のうちにしておく方がいいと思われます。

Funds(ファンズ)についての評判・口コミから確認できることは、下記の様になります。

  • 社会的なキャッシュフローに繋がる
  • 横断比較サイトの譲渡で中立性が保てる
  • 従来の事業者と比べて信頼度がある
  • これまでにはなかった仕組みを楽しみにしている人が多い
  • 有名人も注目している投資サービス
  • 以前から口座開設する人も数知れず
  • 人気ですぐに募集を中止することが多い

Funds(ファンズ)の口座開設までの4ステップ

STEP 1:口座開設のお申し込み
STEP 2:マイナンバーのアップロード
STEP 3:ウェルカムレター受け取り
STEP 4:口座開設完了

STEP 1:口座開設のお申し込み

口座開設にあたり、お名前やご住所、出金時の振り込み先を登録することが必要です。
口座開設の申し込み中では、いつでも入力内容を保存して途中から再開することができます。

STEP 2 マイナンバーのアップロード

手順に従ってマイナンバーを提出します。お手元にマイナンバー確認書類がない場合、マイナンバーの提出をスキップして先に進むことができますが、口座開設完了には必ずマイナンバーの提出が必要です。

STEP 3 ウェルカムレター受け取り

口座開設の内容が確認でき次第、本人住所確認のため簡易書留が送られてきます。

STEP 4 口座開設完了

口座開設完了です。早速募集中のファンドを確認してみましょう。

アカウント開設はこちらから

Funds(ファンズ)