ウェルスナビ(WealthNavi)の評判や実績について調べました。


アカウント開設はこちらから

ウェルスナビ(WealthNavi)

ウェルスナビ(WealthNavi)とは何?

ロボットが投資の運用ポートフォリオの提案や運用自体を実施してくれる「ロボアドバイザー」が最近話題ですが、中でも「ウェルスナビ(WealthNavi)」は、顧客からの預かり資産額が1,800億円を達成するなど、利用者が増加しており、人気です。

こちらの記事では、ロボアドバイザーでの投資を検討している方に、ロボアドバイザー「ウェルスナビ」の特徴と実績を解説します。

ウェルスナビ(WealthNavi)とは?

ウェルスナビは簡単にいうと、世界水準の金融アルゴリズムに基づいて、AIが自動で資産運用を行ってくれるサービスです。

自分の代わりにAIがプロの投資家として資産運用をしてくれmす。

ウェルスナビではAIが投資代行をしてくれるため人件費がかからず「低コスト」で利用出来るようになっています。

投資必要資金は「10万円から」なので始めやすい金額になっています。なので、投資初心者の方でも気軽に始めることが出来ます。

また、人ではなくAIが一定のアルゴリズムに従って投資をしてくれるので、感情に左右されることなく資産運用を進めることができます。

人が投資をすると、どうしても感情に流され思うように利益をあげられないリスクが発生しますが、ウェルスナビではその様なリスクを軽減することが出来ます。

ウェルスナビの基本情報

会社名 ウェルスナビ株式会社
所在地 〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-17-5 シオノギ渋谷ビル12F
資本金 37億998万円(資本剰余金含む)
登録番号 関東財務局長(金商)第2884号
事業内容 金融商品取引業
営業開始日 2015年4月28日

ウェルスナビはいくらから始められる?

ウェルスナビの、最低投資金額は10万円です。

毎月決まった額を投資する、積立投資では、毎月1万円から始めることが可能です。

ウェルスナビ(WealthNavi)の特徴

ウェルスナビの特徴は、主に4つあります。

投資対象は、ETFで国際分散投資

ウェルスナビの運用は、米国株や日欧株、新興国の株式、米国債券、物価連動債の債券、金、不動産のオルタナティブを対象に分散した投資を行っています。

これらの金融資産はETF(上場投資信託)で運用されており、具体的な組み入れ銘柄は下記の通りです。

  • 米国株:バンガード・トータル・ストック・マーケッツETF(VTI)
  • 日欧株:バンガード・FTSE先進国市場(除く米国)ETF(VEA)
  • 新興国株:バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF(VWO)
  • 米国債券:iシェアーズ・コア・米国総合債券市場(AGG)
  • 物価連動債:iシェアーズ・米国物価連動債ETF(TIP)
  • 金:SPDR・ゴールド・シェアETF(GLD)
  • 不動産:iシェアーズ・米国不動産ETF(IYR)

ウェルスナビを始める時、

  • 年齡
  • 年収
  • 金融資産保有額
  • 毎月の積立額
  • 投資目的
  • 急落時の対応

の6項目についての回答から、投資者のリスク許容度を判断し、7つのETFから、利用者1人1人に最適なポートフォリオを作成し、運用してくれます。

リスク許容度が高い場合には、株式の組み入れ比率が高くなります。しかし、リスク許容度が低い場合は債券の組み入れ比率を高めた運用になります。

自動で税金最適化をしてくれる

ウェルスナビは、自動で税金を最適化する自動税金最適化機能(DeTAX)が利用できます。

ポートフォリオで保有している一部の銘柄を売却して値上がり益が発生しますが、この利益は課税対象となります。

しかし、自動税金最適化機能(DeTAX)を利用することで、ポートフォリオ内に損失が発生している銘柄が存在していた場合、損失銘柄を同数量買い増しすることで税金を繰り延べすることができます。

ウェルスナビは、ロボットが自動的に運用を行うので、運用状況により自動で売買が行われます。そのため、売買頻度が高くなり値上がり益が多くなれば、その分税金を多く支払う必要が出てきます。しかし、自動税金最適化機能(DeTAX)で繰り延べすることにより、税金の支払いを先延ばしに、支払う税金も最小限にとどめることができます。

※運用状況によっては必ず繰り延べできるとは限らないので、あらかじめ留意しておく必要があります。

SBI証券などとの連携で、簡単に始められる

ウェルスナビは、ネット証券のSBI証券と、ネット銀行の住信SBIネット銀行、ANAマイレージクラブ、ソニー銀行、イオン銀行と提携しています。

SBI証券や住信SBIネット銀行、ソニー銀行、イオン銀行の口座を持っている場合、既存のアカウントと連携して利用することができます。そのため、証券口座や銀行口座と連携して一元管理できます。

また、普段ANAマイルを貯めている方は、「ウェルスナビ for ANA」を利用すると運用開始時と運用評価に応じてANAマイルが付与されます。なので、資産運用でも効率的にマイルを貯めることができます。

ウェルスナビ(WealthNavi)の実績について

預かり資産・利用者数No.1

ウェルスナビは、利用者から預かった資産が1,800億円を達成しました。また、240,000件以上の申込があるとしています。
(2019年10月時点)

リターン+7%以上の運用実績と推移(円建て)

ウェルスナビの運用実績は、円建てで+7%以上のリターンを得ています。

利用者があらかじめ設定したリスク許容度によっても異なりますが、同社が公開したデータによると、リターンは以下のとおりです。

  • リスク許容度1:リターン+3%、資産評価額180万円
  • リスク許容度2:リターン+8%、資産評価額189万円
  • リスク許容度3:リターン+13%、資産評価額198万円
  • リスク許容度4:リターン+18%、資産評価額206万円
  • リスク許容度5:リターン+21%、資産評価額212万円

※条件は、初期投資元本100万円、累計元本175万円になります。

リスク5が、一番リスク許容度が高いです。

サービスを開始して以来、良好な運用実績を出していることがわかります。ただし、この運用実績は、将来の運用実績を補償するものではなく、あくまでも参考データとして活用しましょう。

ウェルスナビ(WealthNavi)の各種手数料について

ウェルスナビで設定されているコストは主にサービスの運営に関わる費用として、利用者から預かっている資産に対して一定額を徴収する手数料のみとなっています。

預かり資産にかかる手数料

ウェルスナビでは、サービスの運営費用として、利用者からの預かり資産から評価額に応じて最低年率0.5%(税別)から最大年率1%(税別)の手数料を徴収しています。

預かり資産額が3,000万円未満の場合の手数料は、年率1%(税別)、預かり資産額3,000万円以上は0.5%(税別)です。

その他手数料は0円

ウェルスナビでは、為替手数料や売買委託手数料、リバランスなどに発生する手数料については0円で、預かり資産にかかる手数料以外のコストはかかりません。

また、同社が指定したネットバンク経由で自動的に積み立て投資する場合の入金積立手数料も無料です。

長期割で手数料がお得に

ウェルスナビでは、運用継続期間と運用金額に応じて、手数料を下限である0.90%(税別)まで割り引く「長期割」を実施しています。

長期割は2018年1月を起点とし、半年ごとに判定日を設けており、判定日に運用金額50万円を達した月を基準月として、半年ごとに手数料の割引額を判定します。

手数料の割引額

  • 50万円未満:割引なし
  • 50万円以上から200万円未満:0.01%
  • 200万円以上:0.02%

ウェルスナビでは確定申告が必要?

ウェルスナビで取引で発生した利益に対する確定申告は、取引口座によって異なります。

特定口座(源泉徴収あり)を選んだ場合は、ウェルスナビが税金の計算・納付を行うので、基本確定申告を行う必要はありません。

ただし、年間の利益が20万円以下の場合は、余分に源泉徴収をしていることとなります。こちらのケースでは、還付申告をすることで、税金の返金が可能です。

一方で、特定口座(源泉徴収なし)、または一般口座の場合は、自分自身で確定申告を行うこととなります。

また、ウェルスナビは海外ETFを買付対象としており、海外ETFの配当金は米国の税金が課されています。こちらは、外国課税控除によって、対象の方は控除することも可能です。

ロボアドバイザーの機能について

最適ポートフォリオの作成

ウェルスナビでは、利用者リスク許容度に合わせて、ポートフォリオを提案しています。(※1〜5の5つの段階があります)

リスク許容度の設定は、口座開設時に聞かれる以下の質問の回答内容を判断して、利用者に見合ったリスク許容度を提案してくれます。

  • 運用者の年齡
  • 運用者年収
  • 保有している金融資産額
  • 毎月の積み立て金額
  • ウェルスナビでの運用目的
  • 株価が20%以上下落した場合の対応

リスク許容度が低い場合は、「リスク許容度1」となり債券を中心とした運用になります。リスク許容度が高い場合は、「リスク許容度5」となり、株式を中心とした運用になります。

自動再投資

ウェルスナビは、主にETF(上場投資信託)で運用されていますが、組み入れているETFの運用収益が得られた場合、顧客に分配金が支払われます。

ETFでは、一般的には現金で分配金を受け取ることが多いですが、ロボアドバイザーを利用することで、支払われた分配金は自動的に運用へ回してくれます。

入金した元本に加え、分配金から支払われた分も元本として積み上げていくことができるので、資産形成スピードを早めてくれる複利効果も期待できます。

自動積み立て

ウェルスナビは、毎月最低1万円からの自動積み立てに対応しています。相場の状況を注視することなく運用できることに加え、長期的に見た場合、元本を積み上げていくので、長期的なリターンも期待できます。

自動リバランス

ウェルスナビでは、運用状況に合わせてロボットが自動でポートフォリオを最適化するリバランスを行ってくれます。

ポートフォリオの占める株式の割合が高まった場合は一部を売却して、債券を組み入れるなど、リスク許容度に合わせた適正な資産配分を行います。

ウェルスナビでは、最低半年に1回はリバランスの実施、利用者のリスク許容度に対して5%以上乖離した場合にリバランスを行います。

ウェルスナビの口座開設方法

ウェルスナビでの投資を行うには、口座開設と入金が必要となります。

ウェルスナビでの口座開設は最短2営業日で完了します。

1.運用プラン診断

最初にウェルスナビの6つの質問に回答すると、おすすめプランが提案されます。

提案されたプラン通りに運用する必要はありません。

診断を行なったら、「次へ」というボタン、または口座開設ボタンから、口座開設に進みます。

2.口座開設申し込み

メールアドレスや本人確認書類の登録、銀行口座などの登録を行い、口座開設申し込みを行います。

マイナンバーカード(もしくは通知カード)が必要なので、前もって準備しておきましょう。

申し込みが完了すると、審査が行われます。

3.口座開設の完了

審査後、口座開設完了のお知らせが簡易書留で送付されます。

その後、ログインの上、運用プランを設定し、口座に最低投資金額である10万円以上を入金し、ウェルスナビでの投資を開始できます。

ウェルスナビはこんな人におすすめです!

・資産運用に手間をかけたくない
・感情に左右されず自動で資産運用をしたい
・長期的な資産運用を考えている

ウェルスナビの口コミ・評判

お客様の声
相場の変動に一喜一憂せず、ゆっくり安心して投資できます。
30代・男性・会社員

これまでどう投資しようか迷っていましたが、何も考えなくてよくなりました。
30代・女性・会社員

入金からETF(上場投資信託)購入までのリードタイムが短いのが嬉しいです。
30代・男性・会社役員

アプリから今の資産状況がすぐに確認できる点がよかったです。
30代・男性・会社員
資産運用について考える機会が増えました。コラムやメルマガも非常に勉強になっている。
20代・男性・公務員

長期運用を考えているのでここ1~2年使っての評価は控えたいのですが、将来が楽しみでなりません。
30代・男性・会社員

引用:公式サイト

ウェルスナビのキャンペーン

2019年11月から2020年1月末までにキャンペーンになります。

キャンペーン期間中に20万円以上ご入金した方に、ご入金額に応じて最大10万円をプレゼント!

ご入金額に応じたプレゼント金額表

入金額 プレゼント金額
20万円以上50万円未満 500円
50万円以上100万円未満 1,000円
100万円以上150万円未満 3,000円
150万円以上200万円未満 6,000円
200万円以上300万円未満 10,000円
300万円以上500万円未満 15,000円
500万円以上1000万円未満 25,000円
1000万円以上2000万円未満 50,000円
2000万円以上 100,000円

冬のボーナスキャンペーンの詳細

対象となるお客様 当キャンペーンにエントリーを行い、20万円以上の入金を行ったお客様
キャンペーン期間 2019年11月30日(土)~2020年1月31日(金)
特典 キャンペーン期間中にクイック入金または振込入金で入金した合計金額(※)に応じて下記の金額をプレゼント

  • 20万円以上50万円未満:500円
  • 50万円以上100万円未満:1,000円
  • 100万円以上150万円未満:3,000円
  • 150万円以上200万円未満:6,000円
  • 200万円以上300万円未満:10,000円
  • 300万円以上500万円未満:15,000円
  • 500万円以上1000万円未満:25,000円
  • 1000万円以上2000万円未満:50,000円
  • 2000万円以上:100,000円
  • 取引履歴画面に表示される「入金」または「クイック入金」の「入金日」が、キャンペーン期間内のものの合計金額となります。
適用条件
  • 当キャンペーンにエントリーを行う(※1)
  • キャンペーン期間中に20万円以上の入金(※2)を行う
  • 2020年1月31日(金)までに資産運用を開始している(※3)
  • 2019年11月30日(土)〜2020年4月30日(木)に1度も出金を行わない(※4)
  •  ログイン後に当キャンペーンページの「キャンペーンにエントリー」ボタンを押下すると、エントリーが行われます。
  • 「クイック入金」「振込入金」での入金が対象となります。「積立」「マメタス」での入金は対象外となります。
  •  2020年1月31日(金)までに資産運用を開始するためには、2020年1月31日(金)20:00頃までに、リスク許容度の設定と入金を行う必要があります。
    ログイン後の取引履歴画面に表示される最初の「購入日」が2020年1月31日(金)以前のお客様が対象となります。キャンペーン開始以前に資産運用を開始されているお客様も、条件を満たした方は対象となります。
  • 出金とは、出金依頼が確定し、出金を取り消せなくなることを指します。
現金プレゼント
の方法
  • 2020年5月中旬~下旬にWealthNaviの口座へ入金します。
  • 手続きの都合により前後する場合があります。
アカウント開設はこちらから

ウェルスナビ(WealthNavi)